びーぐるな日々

2005年 12月 24日

ジョン・コルトレーン

コルトレーンを初めて聴いたのは‘63年渋谷オスカーで「アフリカ/ブラス」だった。
当時はファンキーの全盛期だったがアルテックの巨大なスピーカーから噴出す強烈なコルトレーン・サウンドにど肝を抜かれ、一気に彼の世界に引き込まれた。
会社に入って独身寮の先輩が面白いジャズのLPを教えろというのでこれを紹介したら「クレイジー・ミュージックだ!」と怒っていた、もちろん確信犯である(*^_^*)
当時のジャズ喫茶は皆額に皺をよせ黙りこくって神妙に聴いているという状態で、初めて行った時は「なんだこいつらは!」と驚いた。
ちょっと話そうものならすぐ店員が飛んできて「静かにしてください!」と注意されたものだ。
[PR]
by biigle | 2005-12-24 14:14 | ジャズ・ポップス