びーぐるな日々

2005年 12月 26日

ワルツ堂

13年ほど前2年ぶり2度目の関西勤務は大阪ビジネス街の中心堂島、四ツ橋筋の旧毎日新聞ビルの一階にワルツ堂という音楽好きの間で超有名なレコード屋があった。
店はさほど広くないがセンスあふれる品揃えと良心的な価格で掘出物も多く、会社帰りや昼休みなどよくお世話になった。

ある日退社途中に覗いてみるとなんとも郷愁を感じさせる素晴らしいチェンバロ曲が流れている。バッハ、スカルラッティ、ヘンデルとは明らかに違うし何だろうと確認したらガルッピのチェンバロ・ソナタで初出会いだった。

旧毎日新聞ビルが解体されて堂島アバンザが出来た時に一階に再開店、当時は東京勤務だったがバッハ大全集からリリングの教会カンタータ全集を分売してくれるとのネット情報を得て急遽大阪に出張して注文した。

ワルツ堂が時代の流れで倒産しファンを嘆かせたのは3年前だが、当時の名物店長が昨年春ワルティ堂島として駅前第一ビルに開店したそうで心意気を感じる、がんばって欲しい。
[PR]
by biigle | 2005-12-26 21:56 | ブログ