びーぐるな日々

2006年 01月 09日

ナタリー・シュトゥッツマン

フォーレはレクイエムが飛びぬけて有名だけど室内楽や歌曲、ピアノ曲も実にニュアンス豊かで薫り高い作品が多い。
上品で優しいセンスにあふれ、決して声高に自己主張することがない音楽なので心身ともにくつろげる。
ピアノ伴奏付の歌曲はメロディーと呼ばれ、実に洒落たしみじみとした作品が多く聴き飽きることがない。

シュトゥッツマンはビロードのような光沢に満ちた声と広い音域に恵まれたフランス生まれのコントラルト。
カトリーヌ・コラールのピアノ伴奏によるディスクはリラックスした歌唱がルックス同様素晴らしい!
[PR]
by biigle | 2006-01-09 20:16 | 古典音楽