びーぐるな日々

2006年 02月 16日

COOL STRUTTIN'

渋谷・百軒店のジャズ喫茶にせっせと通っていた頃、毎日必ずリクエストがあるのがクール・ストラッティンだった。
おそらく最もヒットしたモダンジャズのディスクであり、それにもまして有名なジャケットだろう。
マンハッタンを歩くビジネスウーマンとビジネスマン、これが約50年前に製作されたのだからすごいセンスである。
演奏は粘るような独特のS.クラークのピアノはもちろん結構だが、A.ファーマーのトランペットとJ.マクリーンのアルトが飛びぬけて素晴らしい。
[PR]
by biigle | 2006-02-16 23:27 | ジャズ・ポップス