びーぐるな日々

2006年 02月 18日

ミサ D950

今日は横浜三渓園でのミニ撮影会、予想外の寒さには少々参ったが初対面の4名の方含めての楽しい懇親会が大いに盛り上がった。

シューベルトのミサD950は優美さ、快活さとは正反対の叩きつけるような激しさ、底知れぬ寂しさという特質がもっとも理想的にミックスされた最高傑作である。

ラインスドルフ指揮ベルリン・フィルによるディスクはこの曲の名演で、36歳で事故死したテナーのヴンダーリヒとお気に入りのソプラノ ローレンガーの歌唱、更に合唱が実に素晴らしい。
[PR]
by biigle | 2006-02-18 23:33 | 古典音楽