びーぐるな日々

2006年 04月 26日

ジェラルド・フィンジ

叙情的で繊細でやさしくて、さりげない音楽といえばディーリアスということになるが、さらに一層美しく安らぎに満ちた音楽を書いたのがジェラルド・フィンジ(1901-1956)である。
30歳過ぎから55歳でなくなるまでイギリスの田園地帯の牧場で自然を愛しながら作曲を続けたという事が実感できる音楽だ。
ピアノと管弦楽のための小品「エクローグ」を聴いた時には20世紀の作曲家にこんなに美しい曲があったのかと驚いた。

いらっしゃいませ
a0045174_1914357.jpg

[PR]
by biigle | 2006-04-26 19:22 | 古典音楽