びーぐるな日々

2006年 04月 28日

クリフォード・ブラウン

渋谷のジャズ喫茶に通いはじめた時は天才トランペッター、クリフォード・ブラウンがわずか26歳で事故死した7年後だった。
ドラムのマックス・ローチと共にややオールドファッションの感もあるが、よく歌う楽しく分かりやすいジャズだった。
特にボーカルのヘレン・メリルと競演したディスクは極上で、有名なYou’d be so nice to come home toにおけるメリルのハスキーヴォイスとブラウンのソロは最高だ。

鎌倉の新緑
a0045174_1858015.jpg

庭のハナズオウの若葉
a0045174_18583799.jpg

[PR]
by biigle | 2006-04-28 19:04 | ジャズ・ポップス