びーぐるな日々

2006年 05月 02日

ポートレイト・イン・ジャズ

ビル・エヴァンスはマイルスのコンボを経たのち天才ベーシストのスコット・ラファロを得て理想のトリオを完成する。
ポートレイト・イン・ジャズはその第一作であるがラファロがわずか25歳で交通事故死したため、このメンバーによるディスクは4枚しかなく4部作と呼ばれている。
有名な枯葉をはじめ素敵な演奏にあふれているが、エヴァンスの写真が実直なビジネスマン風なのが後年と比較して面白い。

つつじ寺 等覚院
a0045174_18461382.jpg

a0045174_18463860.jpg

a0045174_18465835.jpg

[PR]
by biigle | 2006-05-02 18:50 | ジャズ・ポップス