びーぐるな日々

2006年 05月 16日

記憶の中の光景

幼いころに見た光景が大人になってからもよく脳裏に浮かぶとか、夢に見るという事は誰でも経験することだろう。
小学1年まで住んでいた三重県の生家をかつて三十数年ぶりに訪ねた時、光景の輪郭はほぼ記憶通りだったが大きさや距離が随分小さいことに当惑したものだった。
たしかに当時は身長も今の半分ぐらいだったのだから、大きさや長さの実感は倍だったのであるが記憶とは面白いものだと思った。

小学校の創立100年記念碑 今は何周年なんだろうか?
a0045174_18525421.jpg

小学校前の町役場 大正10年建設 今は郷土資料館
a0045174_18531219.jpg

近くにあった神社 石段が記憶ではすごく長かった
a0045174_18533112.jpg

[PR]
by biigle | 2006-05-16 18:58 | 旅行