びーぐるな日々

2006年 11月 04日

ブラウンとブレイキー

クリフォード・ブラウンの録音はエマーシーがメインだが、オリジナル・クインテットは凡庸なハロルド・ランドにうんざりするし、ローチのドラミングもやや古くブラウン自身もマンネリ気味なものが結構ある。

ところがバードランドでのこのライヴはブレイキーの煽るようなドラミングに刺激されたブラウンの見違えるように溌剌とした、熱気溢れる演奏が楽しめる。
さらにルー・ドナルドソンの流れるように鮮やかで完全に鳴りきったアルトが素晴らしいし、ホレス・シルバーもご機嫌だ。

素晴らしい演奏ばかりだが超アップテンポの「今宵の君は」や「MAYREH」などブレイキーに煽られて全員ノリノリ状態なのが面白い。
a0045174_1835412.jpg

秋の山手散歩  山手カトリック教会
a0045174_18361516.jpg

ベーリックホールのバラ
a0045174_18364099.jpg

山手資料館
a0045174_1837749.jpg

ピラカンサス?
a0045174_18372739.jpg

エリスマン邸
a0045174_18374540.jpg

???
a0045174_1838016.jpg

[PR]
by biigle | 2006-11-04 18:41 | ジャズ・ポップス