びーぐるな日々

2006年 11月 28日

アンネ・ゾフィー・ムター

ムターは5歳で名ヴァイオリニストのシェリングに師事、13歳でカラヤンに認められてベルリン・フィルと共演したという文字通りの天才。
その後順調に才能を開花させ、華麗な容姿と相まって現在最も人気・実力のあるヴァイオリニストだろう。
レパートリーはきわめて広いがカラヤンとのデビュー曲であるモーツァルトの協奏曲は特に素晴らしい。
ヴィオラのジュランナ、マリナー/アカデミー室内管弦楽団との協奏交響曲K364は、この曲のイメージどおりの流麗な演奏が楽しめる。

去年に比べて紅葉がいまいちの箱根美術館を出て強羅公園を一回りして
a0045174_19385233.jpg

中央奥には大涌谷の噴煙が見える
a0045174_19394385.jpg

箱根登山鉄道の小涌谷で降りて千条の滝へ 幅20メートルぐらいのかわいい滝だ
a0045174_19401295.jpg

そばには渓流が
a0045174_19404394.jpg

苔が綺麗
a0045174_2273234.jpg

[PR]
by biigle | 2006-11-28 19:49 | 古典音楽