びーぐるな日々

2006年 12月 26日

冬の旅

先日届いたクリスティーネ・シェーファーさんのお目当てディスクはシューベルトの冬の旅。
シューベルトがなくなる前年の1827年に作曲したこの作品は、彼の特質である底知れぬ闇、絶望的な暗さ、死の予感の典型である。

女声による、特にソプラノの冬の旅は極めて珍しいが、シェーファーさんがあえて挑戦しただけのことはあってシュナイダーのピアノ伴奏とともに素晴らしい出来だ。

冬の浄真寺1
a0045174_18113564.jpg

2.
a0045174_18114944.jpg

3.
a0045174_18124012.jpg

4.
a0045174_18125596.jpg

[PR]
by biigle | 2006-12-26 18:19 | 古典音楽