びーぐるな日々

2007年 07月 13日

モンポウ

フェデリコ・モンポウ(1893-1987)はスペインのバルセロナに生まれ、生前から国宝的作曲家と言われた。
作品は数多くのピアノ曲がメインだが、同じスペインのグラナドスやファリャと違って民俗音楽を前面に押し出すのではなく印象派風の内省的・静謐な作品が多い。

妙本寺つづき
1.久しぶりのタマは日蓮上人碑の上で眠そう
a0045174_14531385.jpg

2.と思う間もなくお休みに、さわっても起きない
a0045174_14533497.jpg

3.タマの肉球クローズアップ
a0045174_14535180.jpg

4.祖師堂で親子団欒
a0045174_14541779.jpg

5.帰りの本覚寺 しあわせ地蔵がこの日は花一杯
a0045174_14543739.jpg

6.もうトンボが
a0045174_14545769.jpg

[PR]
by biigle | 2007-07-13 15:00 | 古典音楽