びーぐるな日々

2009年 05月 28日

テルミン

テルミンはソ連の物理学者が1920年に発明した電子楽器で、アンテナに手を近づけてその距離の微妙な違いで音を出すという何とも不思議な楽器だ。
先日BSでマルティヌーのファンタジアを聴いてすぐゲットしたCDでは漂うような超高音が魅力的だが、同様の電子楽器でケクランが多用したオンド・マルトノの方が更に繊細で神秘的だと思う。
a0045174_1711736.jpg

庭に来たシジュウカラ
a0045174_1713589.jpg

金魚椿をいただきます!
a0045174_1715043.jpg

毎年咲くユリに似た花
a0045174_1722472.jpg

倒れそうなので花瓶に
a0045174_172348.jpg

こういうのが圧倒的に多い
a0045174_1725083.jpg

[PR]
by biigle | 2009-05-28 17:05 | 古典音楽