びーぐるな日々

カテゴリ:旅行( 65 )

2008年 04月 14日

八重山諸島 完

2日目はジェット船で50分の西表島、全島一周する道路が無く手つかずの原生林が残っているのは感動ものだが、それでもイリオモテヤマネコの交通事故死があるとのこと。
3日目は竹富島から石垣島、最終日は沖縄南部の戦跡見学という短い旅だったが、八重山諸島は是非もう一度訪れたいほど魅力的だった。
1.西表島 マングローブが茂る仲間川 奥は原生林
a0045174_18155039.jpg

2.樹齢400年以上の巨大なサキシマスオウ
a0045174_1816953.jpg

3.水牛車で由布島に渡る
a0045174_18162298.jpg

4.竹富島では水牛車で村めぐり
a0045174_1816434.jpg

5.石積みの塀とブーゲンビリア
a0045174_1817029.jpg

6.石垣島 川平湾のグラスボート 珊瑚と熱帯魚だらけ
a0045174_18172899.jpg

7.また来てね~
a0045174_1817467.jpg

[PR]
by biigle | 2008-04-14 18:29 | 旅行
2008年 04月 12日

八重山諸島 石垣島

沖縄本島から西へ400km、本島よりも台湾のほうがはるかに近い八重山諸島巡りのささやかなツアーに参加した。
目的はもちろん南の島の大自然で石垣島を拠点に西表島、竹富島と周ったが、いずれも期待以上で特に未開拓の原生林に覆われた西表島の自然が格別だった。
1.石垣名物三味線シーサー
a0045174_1727227.jpg

2.修行に絶好のホテル
a0045174_17271991.jpg

3.石垣の海
a0045174_17273192.jpg

4.ヤシ林
a0045174_17274514.jpg

5.海岸にて
a0045174_17275849.jpg

6.熱帯花木が至る所に溢れる
a0045174_1728998.jpg

7.当然石垣牛をいただく
a0045174_17402961.jpg

[PR]
by biigle | 2008-04-12 17:42 | 旅行
2008年 03月 11日

白糸の滝

名前はよく聞いていたが行った事がなかった白糸の滝を見に富士山麓へでかけた。箱根の千条の滝を大きくしたようなものだろうと想像していたが、横幅も高さもはるかにスケールが大きくなかなか見事な眺めだった。
富士山山麓は天気が変わりやすいのか田貫湖では残念ながら富士山の勇姿を見ることが出来ず、夕方の本栖湖では何と大雪が降り出すというハプニング!

1.白糸の滝 35㍉換算17㍉でも右サイドが入りきらない
a0045174_1729982.jpg

2.その2
a0045174_17293026.jpg

3.その3
a0045174_17294997.jpg

4.梅
a0045174_1730833.jpg

5.蜂
a0045174_17302559.jpg

[PR]
by biigle | 2008-03-11 17:34 | 旅行
2008年 02月 29日

地獄谷の猿

地獄谷は温泉でくつろぐ猿の様子がライフの表紙に掲載されて世界的に有名になったそうだが、当日も外国人グループが写真を撮って大喜びしていた。
ここの猿は人里はなれた場所で餌付けされているので穏やかでフレンドリー、日光のように店に乱入したり人の荷物をひったくったりしないようだ。
見物客の足元をすり抜けて温泉に出入りする様子や仕草・表情を眺めたり撮ったりであっという間に時間が過ぎ、今冬雪見の最終回として大満足だった。

1.うう、寒ぅ~~
a0045174_2113751.jpg

2.やっぱ、生き返るわぁ・・
a0045174_2113276.jpg

3.一家団欒
a0045174_21134457.jpg

4.いい湯だな~
a0045174_2114157.jpg

5.授乳中
a0045174_211420100.jpg

6.至福の時
a0045174_21143763.jpg

7.雪の上でもリラックス
a0045174_2115180.jpg

[PR]
by biigle | 2008-02-29 21:17 | 旅行
2008年 02月 26日

地 獄 谷

寒さに弱いくせにこの冬は珍しく雪景色などを見に行ったが、先週は以前から是非行きたいと思っていた長野県の地獄谷にでかけた。
長野県でも北部に位置する山沿いの渓谷なので雪の量も今までで一番多く、期待通りの変化に富んだ光景を楽しむ事が出来た。

1.雪に埋もれた道なき道を歩くこと30分あまり
a0045174_1530225.jpg

2.地獄谷で唯一の旅館が見えてきた
a0045174_15304956.jpg

3.噴泉が高く吹き上がる
a0045174_1531644.jpg

4.噴泉の周りは完全凍結
a0045174_15312178.jpg

5.大きなつららが見事
a0045174_15315056.jpg

6.河原に下りると・・・ ありゃ、怪しい影が!
a0045174_15321713.jpg

[PR]
by biigle | 2008-02-26 15:36 | 旅行
2008年 02月 14日

ロシアン・ファーム

手軽なお散歩の友パワーショットG7は軽くてデザインも写りもお気に入りだが、RAW撮影や電池残量など各種表示が可能になるロシアン・ファームがあるとの事。
早速インストールしてみたが電池残量等の表示は便利だがRAWは色合いが悪く却下、やはり気軽なコンパクトデジカメはJPEGで十分かも。

華厳の滝を後にして竜頭の滝、湯滝へ向かったが竜頭の滝はスケールが小さいし、湯滝は温泉が沸く湯の湖から流れてくるので当然凍結はしない。滝見物よりは湯川に積もる雪や氷の状態や周辺の雪景色を雪上散歩しながら楽しんだ。
1.竜頭の滝
a0045174_17444061.jpg

2.氷の下を川が流れる
a0045174_1745984.jpg

3.湯川
a0045174_17453261.jpg

4.湯川2
a0045174_17455582.jpg

5.ベンチも寒そう
a0045174_17461168.jpg

[PR]
by biigle | 2008-02-14 17:50 | 旅行
2008年 02月 11日

日光滝めぐり

冬の寒さ満喫シリーズは今季二度目の日光へ滝巡り、さすがに先月に比べて一段と寒さが厳しい中、防寒対策完備で先ずは日光名物華厳の滝へ。
当然の事ながらこの時期はめっきり観光客が少ないが、修学旅行の中学生集団が来ていて凍える滝の見事な光景に歓声を上げていた。
今回は凍結路での滑り止めグリッパーが大いに威力を発揮、寒さもあまり感じず快適だった。
1.華厳の滝全景
a0045174_18165233.jpg

2.その2
a0045174_18171025.jpg

3.凍結している中間部
a0045174_18173055.jpg

4.氷塊
a0045174_18175092.jpg

5.滝壺の奥では氷の精が仏像に祈りを
a0045174_18181126.jpg

[PR]
by biigle | 2008-02-11 18:20 | 旅行
2008年 01月 14日

冬の奥日光

昨年は東京・横浜近辺では雪を見ることが出来なかったので、今年こそはと雪景色を見に奥日光へ出かけた。
奥日光は心の故郷で四季折々の素晴らしい自然が楽しめるが、厳しい冬の光景はまた格別の趣がある。
雪景色は十分堪能したのだが履き慣れない雪用ブーツによる靴擦れで大弱り、早速対策グッズを入手しないと・・・
1.雪に覆われた光徳牧場
a0045174_14182395.jpg

2.林に入るとかなりの積雪がある
a0045174_14184666.jpg

3.白樺は雪景色によく似合う
a0045174_14194029.jpg

4.樹影と熊笹
a0045174_1420419.jpg

5.湯川の先は竜頭の滝、その先は中禅寺湖
a0045174_14201937.jpg

[PR]
by biigle | 2008-01-14 14:26 | 旅行
2007年 11月 16日

大柳川渓谷

甲府から南下して富士山・本栖湖の西側、富士川に注ぐ大柳川沿いの大柳川渓谷に行った。11月中旬なのに汗ばむほどの陽気で残念ながら紅葉は空振りだったが、滝を眺めながらアップダウンの多い遊歩道の散策はちょうど良い運動になった。

リリ・ブーランジェ(1893-1918)はフランスの女性作曲家、2歳の時から神童ぶりを発揮したが生まれつき病弱で24歳で亡くなった。不思議な魅力に満ちた歌曲集「空の晴れ間」をテナーのジャン=ポール・フーシェクールで。

1.富士山が見える
a0045174_1872099.jpg

2.大柳川渓谷
a0045174_1873985.jpg

3.渓谷2
a0045174_1875679.jpg

4.つり橋
a0045174_1881111.jpg

5.観音滝
a0045174_1883298.jpg

[PR]
by biigle | 2007-11-16 18:13 | 旅行
2007年 10月 30日

伊豆大室山

先週末は恒例の一泊飲み会で一年ぶりの熱海へ、ちょうど台風20号が接近していたが暴飲中なので影響無く結局ぐだぐだと1時半まで飲んでいた。
翌日は台風一過絶好の晴天のもと伊豆高原へ足を伸ばす。当初の目当ては伊豆シャボテン公園の動物たちだったが、大室山からの富士山の眺めが絶好だと聞いて長蛇のスキーリフトに並ぶ。

大室山は初めてだが頂上に着くと快晴の富士山が素晴らしい眺め、火口の周りを一周する散策路も山から海まで四方が全部見渡せ思わぬ大収穫だった。
大室山で予想外に時間を費やしたのでシャボテン公園は次回のお楽しみにして、バスで伊東に直行し腹ごしらえと干物を買って帰途についた。
1.富士山
a0045174_1874042.jpg

2.大室山火口 アーチェリー場になっている
a0045174_1875660.jpg

3.火口一周散策路 伊豆の海が一望
a0045174_1881686.jpg

4.すすき冨士
a0045174_1883469.jpg

5.五智如来地蔵尊
a0045174_188523.jpg

6.すすき
a0045174_189144.jpg

7.帰りのリフト
a0045174_189314.jpg

8.特大ロースカツ
a0045174_1894717.jpg

[PR]
by biigle | 2007-10-30 18:13 | 旅行