びーぐるな日々

カテゴリ:古典音楽( 112 )

2012年 09月 15日

秋なのに

9月に入り秋のウォーキング日程が具体的になってきたが、もう中旬だというのに30度を超える残暑というか猛暑続きには困ったものだ。
例年真夏はオーディオから遠ざかるのだが、今年は暑さにめげて引き篭もりが多かったので専らCD三昧の日々が続いた。久しぶりにじっくり聴いた大河の流れの様に悠然としたブルックナーの音楽は案外この時季に合うのかもしれない。

カラヤン指揮ベルリン・フィルのブルックナー交響曲全集
a0045174_13344428.jpg

上高地で出会った動植物
1.日本三大毒草トリカブトの花 こんなに優雅な花とは知らなかった
a0045174_1649073.jpg

2.
a0045174_16492446.jpg

3.
a0045174_16494468.jpg

4.
a0045174_1650188.jpg

5.
a0045174_16501896.jpg

6.信州そば
a0045174_16503458.jpg

[PR]
by biigle | 2012-09-15 13:35 | 古典音楽
2012年 06月 27日

ディーリアス生誕150年

今年はフレデリック・ディーリアスの生誕150年にあたり、普段は数が少ない彼のディスクが初録音曲含めて多少賑わっているのが嬉しい。
仕事や私生活での懸案が一段落してホッとした時に、フロリダ組曲や高い丘の歌など優しく爽やかな曲の数々にどれだけ癒された事だろう。
a0045174_18512948.jpg

東慶寺の花 この時季はイワタバコ以外にも色々な種類のアジサイや可憐な花が楽しめる。
1.アジサイ
a0045174_18524783.jpg

2.
a0045174_1853251.jpg

3.
a0045174_18532489.jpg

4.
a0045174_18534243.jpg

5.八重のドクダミ
a0045174_18535419.jpg

6.?
a0045174_1854940.jpg

7.シモツケ
a0045174_18542592.jpg

8.
a0045174_18544462.jpg

[PR]
by biigle | 2012-06-27 18:55 | 古典音楽
2012年 06月 12日

死の島

リビングで休眠中のサブウーファーとスーパーツイーターをマイルームの装置に移設したら低域と高域が伸び、無駄な投資をする必要が無くなって大助かり。
a0045174_16445799.jpg

ラフマニノフがアルノルト・ベックリンの絵に触発されて作曲した「死の島」を久しぶりに聴いた。ベックリンの絵は死者を葬る島に向かって棺を載せた小舟が漕ぎ進んでいくという何とも陰鬱で強烈な印象を与える作品。
曲は静かな水面を小舟が進んでいく描写に始まり、中間で生前の葛藤を表わすかのように激しく高揚するがやがて最初の静けさに戻るというもので絵のイメージがよく表現されている。
以前目黒の庭園美術館で象徴主義の作品展がありベックリンに期待して行ったが、有名な「自画像」はあったものの残念ながら死の島は展示されていなかった。
a0045174_16451472.jpg

花が終わって寂しいわが家の庭
1.金魚椿の若葉
a0045174_16463964.jpg

2.ギボウシ
a0045174_16465714.jpg

3.
a0045174_16471179.jpg

4.唯一の野菜シソはバッタに食われて穴だらけ
a0045174_164751100.jpg

5.近所の家のブラシの木
a0045174_1648671.jpg

[PR]
by biigle | 2012-06-12 16:55 | 古典音楽
2012年 03月 07日

雪の浄真寺

このところ天候不順でデジカメ散歩も小休止、孫の様子眺めとマイルームでCD三昧の日々が続く。
一昨年98歳で亡くなったバリトンのモラーヌさんが歌うフォーレは粋で優しいが、ナタリー・シュトゥッツマンさんのフォーレはルックス同様艶っぽくてかっこいい。
a0045174_1110115.jpg

やはり6年前に比べると雪が少なく浄真寺の雪景色もイマイチ
1.
a0045174_111197.jpg

2.
a0045174_11112374.jpg

3.
a0045174_11114613.jpg

4.
a0045174_1112112.jpg

5.
a0045174_11121250.jpg

[PR]
by biigle | 2012-03-07 16:00 | 古典音楽
2012年 01月 25日

ホロヴィッツ

こう寒いと暖房の効きが悪いリビングでのオーディオは諦めて、もっぱら狭いマイルームでニアフィールド・リスニング三昧。
久しぶりにホロヴィッツがコロンビアレーベルに入れたLPをジャケットも曲もそのままCDにした10枚組オリジナル・ジャケット・コレクションを聴く。
ショパン、シューマン、ラフマニノフ、スクリャービンなど諸玉の名演奏ばかりだが、彼の演奏で初めて知ったスカルラッティのソナタが軽妙で素晴らしい。
a0045174_1744674.jpg

生田緑地
1.民家園
a0045174_175382.jpg

2.
a0045174_1751412.jpg

3.
a0045174_1752576.jpg

4.
a0045174_1754047.jpg

5.
a0045174_1755097.jpg

6.横穴式墳墓 不気味!
a0045174_176925.jpg

7.徒歩および自転車用ナビ 衛星の捕捉が早くかなりの優れもの
a0045174_1762349.jpg

8.民家園蕎麦
a0045174_177130.jpg

[PR]
by biigle | 2012-01-25 17:09 | 古典音楽
2011年 10月 25日

ドイツ・レクイエム

小石川植物園散策を終えて家に戻ってから飯守泰次郎指揮東京シティフィルによるブラームスのドイツ・レクイエムを聴きに東京オペラシティへ出かけた。
ブラームスは大好きなのにこの曲だけはどうも苦手で何度聴いてもピンと来なかったが、生演奏による大音響に接して初めて良さが分かったのは収穫だった。
パイプオルガンが重要なパートを占めているのを今回初めて気がついたのも生演奏のおかげだ。

生田緑地の春秋限定バラ苑が開苑したが例年通り秋は花数が少なく鮮度も今ひとつ
1.
a0045174_17383983.jpg

2.
a0045174_17385040.jpg

3.
a0045174_1739285.jpg

4.
a0045174_17391384.jpg

5.
a0045174_17392518.jpg

6.
a0045174_17393497.jpg

7.
a0045174_17394579.jpg

8.
a0045174_173958100.jpg

9.
a0045174_17401949.jpg

[PR]
by biigle | 2011-10-25 17:41 | 古典音楽
2011年 10月 10日

写真展とコンサート

昨日は写真クラブのメンバーから写真展とアマチュア合奏団の演奏会に招待いただき横浜山下公園前の県民ホールへ。
全神奈川写真サロン公募展の入選作品を拝見してからすぐ隣の神奈川芸術劇場の洒落たホールでモーツァルト「魔笛」抜粋演奏会。
演奏は「京浜東北線の世界」と言う奇妙な名前の合奏団だがとても優秀、ゲストの歌手たちも素晴らしく中でも夜の女王のアリアが秀逸で感動した。
久しぶりで入選常連のデジカメ仲間たちと歓談して、ゆったりとした芸術満喫の午後だった。

この時季の東高根森林公園は何も無いと思ったが結構色んな野草があった
1.ツリフネソウ
a0045174_154733.jpg

2.キツリフネ
a0045174_15471568.jpg

3.カリガネソウ
a0045174_15473080.jpg

4.アサマフウロ?
a0045174_15474725.jpg

5.以下省略
a0045174_154869.jpg

6.
a0045174_15482140.jpg

7.
a0045174_15483783.jpg

8.
a0045174_1548521.jpg

9.
a0045174_15491212.jpg

10.
a0045174_15492399.jpg

[PR]
by biigle | 2011-10-10 15:57 | 古典音楽
2011年 09月 07日

エンリケ・グラナドス

真夏に聴く音楽はやはり涼しげなピアノ曲が一番、この2-3ヶ月はシベリウス、グリーグ、ドヴォルザークなどを小さめの音量で楽しんできた。
中でもお気に入りはトーマス・ライナが弾く6枚組のグラナドス・ピアノ作品全集、爽やかで快活でメランコリックでキラリと輝く音楽が素晴らしい。
a0045174_15541148.jpg

みなとみらい
1.
a0045174_15543487.jpg

2.
a0045174_15551523.jpg

3.
a0045174_15553426.jpg

4.
a0045174_1556034.jpg

5.
a0045174_15565726.jpg

お気に入りの天ぷら定食 新鮮な具が11品てんこ盛りで1050円とはうれしい限り
a0045174_1557236.jpg

[PR]
by biigle | 2011-09-07 16:03 | 古典音楽
2011年 08月 08日

フレデリック・ディーリアス 高い丘の歌

よみがえった懐かしいフィルムに関して予想外の悲しい出来事が有ったり、このところ体調がイマイチだったりでやや落ち込み気味の日々。
こういう時はディーリアスの音楽に浸るのが一番の特効薬、晩年のディーリアスを献身的に支えたフェンビーが指揮するほのぼのと優しくて少し寂しげな演奏は癒しの極致!
a0045174_16381668.jpg

多摩川台公園 出遅れた花たち
a0045174_16385783.jpg

a0045174_1639896.jpg

a0045174_16392079.jpg

a0045174_16393375.jpg

a0045174_1639546.jpg

ほぼ今時の花
a0045174_164084.jpg

a0045174_16402270.jpg

[PR]
by biigle | 2011-08-08 16:44 | 古典音楽
2011年 05月 11日

ソレルのチェンバロ・ソナタ

ベルダーが弾くアントニオ・ソレルのチェンバロ・ソナタ第4巻(2枚組)がやっと出たので早速予約、3点で3割引に釣られてヘンデルのハープシコード組曲もゲット。
ベルダーは今回すべてフォルテピアノ演奏なのでまろやかな感じ、典雅で繊細というチェンバロのイメージを粉砕した爆走ソナタ10番は次巻以降のお楽しみ。

5月2日の毎年おなじみ「つつじ寺」等覚院 9時前に着いたので大混雑を回避できた
a0045174_1737092.jpg

a0045174_1737175.jpg

a0045174_17373645.jpg

a0045174_17375226.jpg

[PR]
by biigle | 2011-05-11 17:40 | 古典音楽