びーぐるな日々

カテゴリ:古典音楽( 112 )

2009年 04月 19日

モーツァルトまとめ聴き

モーツァルトはいつ聴いても良いけれどやはり春から初夏にかけての爽やかな時季がぴったり、というわけで久しぶりにモーツァルトのまとめ聴きを始めた。
手持ちCDの中では一番多いが最近はデスクトップ・オーディオで写真整理やPC遊びをしながらのながら聴き専門なので初夏ごろには踏破できそうだ。

ソメイが終わった砧公園は桜の花びらの絨毯
a0045174_18193827.jpg

やすらぎ
a0045174_18195486.jpg

楽しいお弁当
a0045174_18201948.jpg

外人のちびっ子も電車ごっこが大好き
a0045174_1825631.jpg

これは何遊び?
a0045174_18252679.jpg

花びら集め
a0045174_18212283.jpg

[PR]
by biigle | 2009-04-19 18:27 | 古典音楽
2008年 12月 27日

健康チェック?

一年半ぶりにカラヤン/ベルリンフィルによる「ニーベルンクの指輪」四部作を聴き終えた。毎度ながらあまりの壮大さにただ感動あるのみだが、15時間に及ぶこの大作は体調が悪いととても聴く気にはならないので健康チェックにちょうど良い。
聴き始めは定位が安定せず乾いた音だったが、システムエンハンサーを走らせたら見違えるような瑞々しい音に変身した。

効果絶大 システムエンハンサー
a0045174_18205332.jpg

三ツ池公園 コリア庭園
a0045174_18211073.jpg

池は大賑わい
a0045174_18212353.jpg

キンクロハジロ
a0045174_18213647.jpg

[PR]
by biigle | 2008-12-27 18:23 | 古典音楽
2008年 12月 23日

バロック喫茶

学芸大学駅の近くにバロック音楽を流して絵や写真の個展も常時開催している「平均律」という洒落た喫茶店があるとのお誘いで訪れた。
古い木の質感を生かし落ち着いた懐かしい感じの造りで、常連さんが多くかなりディープな雰囲気だが本でも読みながら過すのは至福の時間かもしれない。
洒落たカップが勢揃い
a0045174_17156100.jpg

初冬
a0045174_171533100.jpg

石仏
a0045174_17155153.jpg

落ち葉
a0045174_17161113.jpg

[PR]
by biigle | 2008-12-23 17:18 | 古典音楽
2008年 10月 24日

リビングオーディオ再開

夏の間休止していたリビング・オーディオを4ヶ月ぶりに再開、幕開けはこの時季に相応しいシベリウスの2番をヴァンスカ指揮ラハティ響で。この組み合わせでクレルボ交響曲を錦糸町の墨田トリフォニーホールで聴いたのはもう5年も前になる。
その時アンコールで初めて聴いた男声合唱付きフィンランディアが圧倒的だったのを思い出しセーゲルスタムのディスクを聴くが、元々感動的な曲が合唱が入る事によって涙無しでは聴けない曲になる。
a0045174_18282139.jpg

日曜は町田の里山散策に参加してのどかな光景と爽快なウォーキングを満喫、案内者が居なければ絶対行けない場所なので貴重な経験だった。
1.町田里山
a0045174_18284818.jpg

2.その2
a0045174_1829562.jpg

3.その3
a0045174_18292494.jpg

4.ほおづき
a0045174_18293669.jpg

5.わんちゃん
a0045174_18295549.jpg

[PR]
by biigle | 2008-10-24 18:34 | 古典音楽
2008年 07月 09日

ケクラン

近年評価が高まっている静寂の美の極致シャルル・ケクラン、以前注文した時にはフランスで在庫切れだった5枚のディスクが届いた。
一枚目はいかにもケクランに似合いそうなオルガン曲集で、中でもコーラスとオルガンによる「僧院」が深い瞑想を感じさせて素晴らしい。

光景
1.ベンチ
a0045174_19414635.jpg

2.トンネル
a0045174_1942584.jpg

3.モニュメント
a0045174_19422196.jpg

4.犬
a0045174_19424157.jpg

[PR]
by biigle | 2008-07-09 19:45 | 古典音楽
2008年 05月 04日

四つの最後の歌

自らの死期を強く意識したシュトラウスが亡くなる前年、84歳という高齢で作曲した「四つの最後の歌」は間違いなくクラシック音楽の至高の作品だろう。
4曲とも驚くほど瑞々しく澄みきった音楽でヘッセの詩による「眠りにつく時」も素晴らしいが、老夫婦が共に歩んできた道を振り返り、疲れきった互いを気遣う「夕映えの中で」が圧巻だ。

初演のフラグスタート/フルトヴェングラー以後名だたるソプラノがこの曲を録音しており、同曲異演盤は殆ど持たないのにこの曲だけは10種類のCDを集めたものの、やはりヤノヴィッツさんとカラヤン/ベルリン・フィル盤が群を抜いて素晴らしい。

つつじ寺 等覚院 この時季だけは華やかそのもの
a0045174_18154480.jpg

a0045174_18161433.jpg

a0045174_18163670.jpg

[PR]
by biigle | 2008-05-04 18:19 | 古典音楽
2008年 04月 24日

スカルラッティを聴き終えた

オランダの中堅奏者ピーター=ヤン・ベルダーがスコット・ロス以来20年ぶりに完成したスカルラッティ・チェンバロソナタ全集CD36枚555曲をやっと聴き終えた。
ベルダーは各種チェンバロ、ピアノフォルテ、オルガンを弾き分けているほか、5曲はヴァイオリンとチェロを加えており実に多彩で気持ちの良い演奏だ。
しかし一方でホロヴィッツがいかに偉大なピアニストであったかを、あらためて思い知らされた。

夢見ヶ崎動物公園にて
1.八重桜でお花見
a0045174_1912339.jpg

2.八重桜
a0045174_1913637.jpg

3.ミンミン
a0045174_1914869.jpg

4.フサオマキザル
a0045174_20261846.jpg

[PR]
by biigle | 2008-04-24 19:03 | 古典音楽
2008年 02月 23日

スカルラッティのソナタ

ドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)と言えばもちろんチェンバロ・ソナタでホロヴィッツの超名盤が有名だが、スコット・ロスが世界で初めて555曲の全曲録音したのは1985年だった。
最近オランダのベルダーがロスに次いで2番目の全集をデジタル録音で完成したが快活でメランコリックな味わいの曲ばかり、36枚もあるので当分は楽しめる。

今年は梅の開花が遅れて大倉山公園も去年より10日以上遅い、この2日ほど突然暖かくなったので来週後半あたりが見頃だろうか。
1.おなじみ大倉山記念館 地元有名写真クラブの写真展を拝見したら知っている名前が二人も
a0045174_9505063.jpg

2.ほんの僅か咲いていた紅梅
a0045174_951340.jpg

3.おなじく白梅
a0045174_9511643.jpg

4.おなじく桃梅
a0045174_95128100.jpg

[PR]
by biigle | 2008-02-23 09:57 | 古典音楽
2007年 11月 05日

バーンスタインのマーラー

この時季になると何となくマーラーが聴きたくなる。マーラーと言えばバーンスタイン、カラヤンと共に20世紀後半を代表する指揮者だが、指揮ぶりはカラヤンの静に対しまさに熱血指揮者というダイナミックなものでかっこ良く見ても楽しめた。
マーラーのオーソリティで交響曲全集を二度録音しており、二度目の交響曲全集はもちろん素晴らしいが、お気に入りの4番の独唱がボーイ・ソプラノなのがなんとも残念。

ベルリン・フィルと唯一度だけ共演した79年の第9、ライヴ録音であり叫び声や飛び跳ねる音が収録されていてとても賑やかだ。

小江戸川越風景
1.おなじみ時の鐘
a0045174_17323851.jpg

2.蔵造り
a0045174_17325223.jpg

3.菓子屋横丁
a0045174_17331265.jpg

4.喜多院
a0045174_17332985.jpg

5.五百羅漢
a0045174_17334623.jpg

6.昼の海鮮丼 隣のはとても美味そうに見える
a0045174_1734370.jpg

[PR]
by biigle | 2007-11-05 17:43 | 古典音楽
2007年 10月 16日

アンネ=ゾフィー・ムター

先日夜の二時過ぎに目が覚めて何気なくBSをつけると、ムターさんがモーツァルトの第5協奏曲を弾いていたのですっかり目が覚めた。
わずか13歳でカラヤン指揮ベルリンフィルと衝撃デビューして、翌68年に同じメンバーで録音したモーツァルトの3,5番は国際ディスク大賞に輝いた名盤だった。
帝王カラヤンがあどけない少女のムターさんを優しくサポートしているジャケットも微笑ましい。

あれから27年、今や女王的存在のムターさんが2005年にロンドン・フィルを指揮しながらの協奏曲全集+協奏交響曲はまさに「ムターのモーツァルト」とも言える見事な演奏だ。

大船フラワーセンターで久しぶりのミニ撮影会、秋バラが見頃のほかコスモス、サルビア、ケイトウなどが色鮮やかで楽しめた。
1.バラ
a0045174_1635738.jpg

2.サルビア
a0045174_1641941.jpg

3.コスモス
a0045174_1643528.jpg

4.ケイトウ
a0045174_1645533.jpg

5.人面くも?
a0045174_1651391.jpg

[PR]
by biigle | 2007-10-16 16:08 | 古典音楽