びーぐるな日々

<   2005年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2005年 12月 30日

ひよどり

例年この時季になるとせまーいわが庭にひよどりとめじろが現れるが、今年もやってきたので早速お供物を差し上げて撮影した。
1.ひよどり 警戒中
a0045174_17534962.jpg

2.叫ぶひよどり
a0045174_1754328.jpg

3.食事中
a0045174_17541586.jpg

4.食後の一服
a0045174_17542763.jpg

[PR]
by biigle | 2005-12-30 13:53 | 動物
2005年 12月 28日

四つの最後の歌

R.シュトラウスの「四つの最後の歌」は宗教作品を除く声楽作品の中では間違いなく最高傑作だろう。
ヘッセとアイヒェンドルフの詩に作曲したこの曲は、終幕が近いことを強く意識したシュトラウスが万感の思いを込めたもので、その瑞々しさは85歳にならんとする人の作品とは到底思えない。
  1.春          (ヘッセ)
  2.9月         (ヘッセ)
  3.眠りにつこうとして(ヘッセ)
  4.夕映えの中で  (アイヒェンドルフ)

スイス生まれの名ソプラノのリーザ・デラ・カーザがベーム/ウィーンフィルと共演したディスクはシュトラウスが亡くなった4年後の1953年に録音された。
曲順は一般と違い当初シュトラウスが考えたという3.2.1.4という配列になっている。
リーザの歌はもちろんの事、3におけるボスコフスキーのソロヴァイオリンも絶品、そして何よりもその素晴らしい容姿は今でもファンが多数いるという事が十分納得できる。
[PR]
by biigle | 2005-12-28 21:28 | 古典音楽
2005年 12月 27日

みなとみらい

お気に入り横浜散歩コースの夜景を撮ってみたがやはり夜景は難しい、中華街の酔い覚ましにのんびり見ながら帰るのがよさそうだ。(*^_^*)
1.みなとみらい遠景
a0045174_21343871.jpg

2.日本丸
a0045174_21351552.jpg

3.ランドマーク前
a0045174_2136868.jpg

4.カフェ
a0045174_2136302.jpg

[PR]
by biigle | 2005-12-27 21:37 | デジカメ散歩
2005年 12月 26日

ワルツ堂

13年ほど前2年ぶり2度目の関西勤務は大阪ビジネス街の中心堂島、四ツ橋筋の旧毎日新聞ビルの一階にワルツ堂という音楽好きの間で超有名なレコード屋があった。
店はさほど広くないがセンスあふれる品揃えと良心的な価格で掘出物も多く、会社帰りや昼休みなどよくお世話になった。

ある日退社途中に覗いてみるとなんとも郷愁を感じさせる素晴らしいチェンバロ曲が流れている。バッハ、スカルラッティ、ヘンデルとは明らかに違うし何だろうと確認したらガルッピのチェンバロ・ソナタで初出会いだった。

旧毎日新聞ビルが解体されて堂島アバンザが出来た時に一階に再開店、当時は東京勤務だったがバッハ大全集からリリングの教会カンタータ全集を分売してくれるとのネット情報を得て急遽大阪に出張して注文した。

ワルツ堂が時代の流れで倒産しファンを嘆かせたのは3年前だが、当時の名物店長が昨年春ワルティ堂島として駅前第一ビルに開店したそうで心意気を感じる、がんばって欲しい。
[PR]
by biigle | 2005-12-26 21:56 | ブログ
2005年 12月 25日

夜の赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫はゆったりした感じがいいムードなのに、突然広場に場違いそのもののアイススケート・リンクが出来てまさに興ざめのぶち壊し。
夜の赤レンガ倉庫もなかなかいいが興ざめのスケートリンクも夜の方が少しはましである。
1.赤レンガ倉庫
a0045174_2195283.jpg

2.赤レンガ2
a0045174_21102056.jpg

3.赤レンガ3
a0045174_21104639.jpg

4.アイススケート・リンク
a0045174_21111970.jpg

[PR]
by biigle | 2005-12-25 21:13 | デジカメ散歩
2005年 12月 24日

ジョン・コルトレーン

コルトレーンを初めて聴いたのは‘63年渋谷オスカーで「アフリカ/ブラス」だった。
当時はファンキーの全盛期だったがアルテックの巨大なスピーカーから噴出す強烈なコルトレーン・サウンドにど肝を抜かれ、一気に彼の世界に引き込まれた。
会社に入って独身寮の先輩が面白いジャズのLPを教えろというのでこれを紹介したら「クレイジー・ミュージックだ!」と怒っていた、もちろん確信犯である(*^_^*)
当時のジャズ喫茶は皆額に皺をよせ黙りこくって神妙に聴いているという状態で、初めて行った時は「なんだこいつらは!」と驚いた。
ちょっと話そうものならすぐ店員が飛んできて「静かにしてください!」と注意されたものだ。
[PR]
by biigle | 2005-12-24 14:14 | ジャズ・ポップス
2005年 12月 23日

横浜夜景

横浜は変化に満ちあふれていて何時行っても飽きることがない。
夕方でかけてほとんど撮ったことが無い夜景に挑戦してみたがやはり難しいことを痛感した。(^_^;)
1.中華街本通り
a0045174_11495338.jpg

2.関帝廟
a0045174_11504164.jpg

3.山下公園
a0045174_1151876.jpg

4.みなとみらい方面
a0045174_1152719.jpg

[PR]
by biigle | 2005-12-23 11:52 | デジカメ散歩
2005年 12月 21日

ヴェロニク・ジャンス

フランスの若手と言うかそろそろ中堅に近いソプラノのヴェロニク・ジャンスさんに巡り会ったのは大好きなフォーレの歌曲のCDを探している時だった。
ネットで評判を聞いて早速渋谷のタワーでゲットしたが、フォーレ、ドビッシー、プーランクの歌曲が収録されているこのディスクは衝撃的なものだった(ちょっとオーバーか(^_^;))

第一に素晴らしいクリーミーヴォイスで最高のお気に入りになった。第二にプーランクの歌曲がこんな粋なものだと知ったこと、そして最大の驚きはドビッシーの最後の歌曲「もう家の無い子供たちのクリスマス」である。

日本の商業主義オンリーのクリスマス馬鹿騒ぎは論外であるが、こういうクリスマスの曲があるとはまるで思わなかった。
第一次世界大戦で家を焼かれたフランスの子供たちに捧げたものだ。
[PR]
by biigle | 2005-12-21 22:33 | 古典音楽
2005年 12月 20日

材木座海岸

小坪から逗子マリーナを通り抜けると和賀江島を見て材木座海岸に出る。この辺のひなびた風景も捨てがたいなあと眺めているうちに光明寺にいたる。
1.小坪の移動スーパー、こういうのもいいなあ!
a0045174_21551373.jpg

2.シーカヤック?乗りたい!
a0045174_2156569.jpg

3.材木座海岸の漁船
a0045174_21564181.jpg

[PR]
by biigle | 2005-12-20 22:01 | デジカメ散歩
2005年 12月 19日

ジャズのジャケット

学生時代はモダンジャズを聴く軽音楽鑑賞会というクラブでジャズ道に励んだが、研鑽場所は当時大流行のジャズ喫茶である。
当時のジャズ喫茶街といえば渋谷か新宿だが私はもっぱら渋谷の百軒店に通った。
百軒店には10軒近いジャズ喫茶が集中していたがよく行ったのは大きなアルテックのプロ用スピーカーを備えた音のよいオスカーと百軒店の一筋下のデュエットだった。

去年超久しぶりに百軒店に行ってみたが予想通りジャズ喫茶は全滅で風俗店ばかり。(^_^;)

ジャズ喫茶はもちろんジャズを聴きに行くのだが、当時のジャケットにはかっこいいものが多くそれを見るのも楽しみだった。
[PR]
by biigle | 2005-12-19 22:34 | ジャズ・ポップス